飼い方アドバイス

犬はとてもかわいい動物です。しかし犬はおもちゃではありません。犬と暮らしたいと思ったらいろいろな準備が必要ですが、一番大切なのは飼い主としての「心の準備」です。まずは、犬のいる暮らしがどういうものなのかをイメージしてみてください。
いざ、犬を迎えれても準備をしていなければ初日から快適に過ごすことは難しいでしょう。必要最低限の準備はしておきましょう。

ペットと暮らすためのチェックポイント

ライフスタイルにあった犬選び

ご自身の住まいの環境・家族構成・ライフスタイル・好みなどを再度考え、それに合った犬を選ぶことが大切です。
ひとり暮らしの場合 小さい子供がいる場合 マンションで飼う場合

必要グッズ

わんこを迎え入れるまでに必要なグッズは揃えておきましょう。
  • 食器

    耐久性があり、洗うのが楽なステンレス製で、安定したものを選びましょう。飲み水用と食事用の2つを用意します。
  • ドッグフード

    犬の年齢、体型、体調、運動量によって適切なフードを選びます。良質なフードで育てていきましょう。ドライフードで育てていくのをお勧めします。
  • 首輪やリード

    ソフトな革製のもので、首輪に飼い主の電話番号などを書いたプレートを着けておくと役にたちます。犬のサイズにあったものをきちんと選びましょう
  • サークルや犬舎

    犬にとっても自分の場所が決まっていたほうが、落ち着くことができ、好きなときにそこに行って寝たりします。サークルの場合は、犬がゆったりとした広さがとれるものを用意しましょう。
  • おもちゃ

    様々な種類のおもちゃがありますので、好みで選んで与えてやりましょう。一緒に遊んでやることにより、コミュニケーションを図りましょう。ソフトな素材や音が鳴るおもちゃが人気です。
  • 洋服

    暑さや寒さに弱い犬種(チワワ、フレンチブルドッグ、パグなど)には洋服を着せてやる事で体温調節を図る役割を助けます。また外に出す時に洋服を着せてやることで抜け毛の飛び散りを防止することができます。

※当店「わんわんショップリトルグローヴ」店内にも様々なペット用品が御座います。是非ご覧下さい。


ドッグフードの選び方

ドッグフードは犬の年齢、体型、体調、運動量などを考慮して愛犬にあったものを選ぶ必要があります。犬は人間とは違いますので、毎日の必要な栄養素も大きく違い、私たちがおいしいと思うものと犬が必要としているものは違うことを知っていなければなりません。 犬は自分自身で栄養管理はできませんので飼い主である人間がしっかりと健康管理をすることが必要です。

ドッグフードはビスケットのような「ドライフード」、缶詰めなどの「ウェットフード」、半練り状の「モイスチャーフード」の3種類に分かれます。
これらの特性をきちんと理解し、愛犬にあわせたフード選びが重要となってきます。

    ドライフード
  • ドライフード

    価格が安く、計算された必要な栄養素がバランスよく含まれている。歯石がつきにくいのも特徴の1つであり、虫歯や歯槽のう漏から歯を守る。犬種別・年齢別といった様々なタイプが多く販売されています。

  • ウェットフード
  • ウェットフード

    添加物が少ないので、自然食にもっとも近いのが特徴。匂いも多少あるので、犬の食が細い時に与えると比較的良く食べてくれる。油脂分が多いので、肥満の犬やアレルギーがある子にはお勧めしません。歯石がつきやすいといった欠点もあり、開封後は日持ちしない。

  • モイスチャーフード
  • モイスチャーフード

    缶詰めよりは油脂分が少なく、味が濃いのが特徴。ウェットフード同様、歯石がつきやすく、日持ちしない欠点をもつ。

犬を飼いたい!でもその前に・・・。ペットレンタルで里親体験してみませんか?犬のスペシャリストが愛犬との接し方を伝授。 サークルやキャリー等も付属で初めての方にも安心です。その他、トリミングやペットホテル、グッズ販売など、愛犬との生活をトータルコーディネート。 愛くるしい仔犬たちが皆さんのご来店をお待ちしています。ペット販売もしています!ペットレンタル:¥2,980(4時間)〜
copyright(C)2007 LITTLE GROVE Co,.Ltd. all right reserved.